アイバディは有害?副流煙による健康被害はある?

アイバディはアイコスのヒートスティックを使用するので健康被害はゼロではありません。ただアイコスは通常のタバコよりは有害物質が少ないと言われているので、その点を考えると健康被害や副流煙は少ないと言えるでしょう。

ではアイバディの害について詳しくお話します。

アイバディは有害なの?

アイバディは有害なのか?

まずタバコには数千の化学物質が含まれています。しかしアイコスのヒートスティックは、水蒸気なのでニコチンなどの化学物質が90%程少ないことが分かっています。なので10本吸って、やっとタバコ1本分ということです。

またタールに関しては発生しないと言われています。タールは燃やすことで発生するので火を使わないアイバディ(アイコス)はタールの影響を受けません。

そして副流煙や受動喫煙に関しては現状のところ不明らしい。ただよく言われているのは副流煙が無いから外で吸っても問題ないという声です。しかし最近の動きを見てみるとアイコスは外で吸うのを禁止される、つまり煙草と同じ扱いになるそうです。

ニコチンなどの有害物質の影響

ニコチンを吸うとイライラが解消したり、落ち着いたりすると言われていますがそれはニコチン依存症だと言われています。ニコチンはコカインなどよりも依存しやすく、その症状は強いとされています。

肺がんや血管病のリスクを高めるので、悪影響は普通にあるのでご注意を。

アイコスは発がん性があるなど色々噂されている

アイコスの発がん性については色々ニュースになりますよね。

前に話題になったのが煙草より発がん性があるという報告です。しかしよく見てみると煙草より濃度の高い発がん性物質があっただけで、多さは90%少なくまだまだ研究が必要とのことです。

またアイコスの公式も研究のやり方に疑問を持っていて、ちゃんと検査して欲しいと回答している。どうやら検査方法も別々で、煙草の方の測定値も事実と異なると回答しています。

そして米食品医薬品局(FDA)もアイコスの研究を行い「深刻度は低いが、病気になりにくいというのは否定」しているようです。あくまでタバコで、まるで吸っても問題ないみたいなニュアンスは違うと明言しているようです。

タバコより害は少ないが、普通に有害。これが答えでしょう。
「10mgタバコと1mgタバコ」みたいなもん。どっちもタバコです。

全く安心というわけではなさそうですね

アイバディは安心安全のタバコというわけではなさそうです。

あくまで煙草より害は少ないだけで有害なのは間違いない。

またアイバディは壊れやすいのでその点も注意して選ぶ必要がありそうです。

👉アイバディが故障しやすい理由をまとめてみた